北アルプス燕岳の山小屋スタッフがおくる日々の様子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水場視察。

毎年5月の終わり頃に水場へ出掛けます。
水源はこの時期まだまだ雪の下ですが、そこを数メートル掘り下げて、6月下旬にはポンプアップが出来るようになります。


145291b.jpg
ここ数日暑い日が続いているようですが、ここ山の上では今朝ベンチにはうっすらと霜がついていました。


145292b.jpg
この暑さをもたらしている空気に寒気が入ってくるようで、今日も雷の心配がありました。
水源地の積雪量は例年並みといったところで、3、4メートル掘り下げると岩の間からきれいな水が湧き出していました。
これが燕山荘の水となります。このおいしい湧水を飲めるようになるには雪がなくならないとポンプアップ出来ないので、もう少し先になります。


145293b.jpg
雷を心配しながらの作業でしたが、お昼頃になってくると黒い雲や積乱雲が現れ出しました。
暖かい空気の中に時折冷たい風が混じるようになってきたので、きりのいいところで小屋へと戻りました。
山での雷は何度か経験していますが、本当に怖いものです。天気予報で寒気という言葉が聞かれるときは要注意です。


145294b.jpg
水場から小屋へ戻る途中で見た燕岳の山頂です。
その後ろの黒い雲を見ると自然と足が速まりました。


145295b.jpg
今日もここでは雨も雷もありませんでした。
ただ、明日もまだ寒気があるようで雷には注意が必要な天気となりそうです。
このアングルの写真は除雪作業が進んで雪がなくなってしまえば、撮ることができないのです。
あと2日ほどでこの写真を撮った場所の雪はなくなりそうです。


145296b.jpg
昨日の朝もこのような天使のはしごが見られましたが、今日は日が沈むころ高瀬側に見られました。


この先も気温の高い日が続きそうです。こまめな水分補給を心がけましょう。
また、雪の照り返しは非常に強いものとなっています。サングラスや日焼け止めなどの紫外線対策もかかせません。
河地
2014年05月29日 | - | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tubame1921

Author:tubame1921
標高2,763m、長野県北アルプス「燕岳」の袂にある山小屋「燕山荘」から、リアルタイムでその日の出来事をお伝えしていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。