北アルプス燕岳の山小屋スタッフがおくる日々の様子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬日。

連休が終わり、街ではいつものような生活が始まったことでしょう。
山の上では、静かな日々が続くようになります。


14571b.jpg
有明山から清水岳へと続く、稜線の向こうには松川村から池田町が見えます。
その辺りが明るく輝いていました。


14572b.jpg
拡大するとこのようになります。水田に太陽が反射して、こんなにも輝いていました。


14576b.jpg
先日のみぞれ混じりの雪の後、山では気温がぐっと下がりました。
気温が日中でもプラスになることはありませんでした。日差しがあるところは暖かかったのですが、日の当らないところは、非常に寒く、温度計を見ると氷点下を示していて、寒いのは納得できました。
スタッフも普段より、服を一枚着ているものが多かったです。


14574b.jpg

14573b_20140507194842bb5.jpg
ヘリコプターで上山して以来、なかなか外を歩ける機会が少なかったのですが、明日から交代で休暇を取っていくので新人スタッフのために、雪上歩行訓練を行いました。
滑落停止の技術も大切なのですが、それ以上に大切なのが転ばないことです。

その一方、ベテランスタッフたちはロープを使っての救助訓練を行いました。
燕岳周辺では、遭難事故はほとんどないのですが、こういった技術はやはり、いざという時のために必要になるので毎年、この時期に行っています。


14575b.jpg
今日もきれいな夕陽となりました。
お客様の数も多くなく、静かな夕暮れでした。静かに夕陽を眺めるのもいいものですね。


5月の8,9,10日、中房線の通行出来ない時間帯があります。
詳しくは、燕山荘のホームページをご確認ください。
河地
2014年05月07日 | - | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tubame1921

Author:tubame1921
標高2,763m、長野県北アルプス「燕岳」の袂にある山小屋「燕山荘」から、リアルタイムでその日の出来事をお伝えしていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。