北アルプス燕岳の山小屋スタッフがおくる日々の様子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の美しさ。

昨日に引き続き、今日も厳しい寒さの一日となりました。朝の気温はマイナス21℃、日中でもマイナス16℃でした。
明日はやや寒さも緩みそうです。とはいってもマイナス15℃くらいの予報になっています。


1312291b.jpg
日の出前、外に出てみれば昨日までの雪は止み、きれいな空が広がっていました。6時過ぎなのにまだ街の夜景が見えます。夏ならすっかり明るくなっている時間なのに。冬の夜は長いですね。



1312292b.jpg
今朝は、素晴らしい日の出が見られると出たり入ったりを繰り返しました。上の写真から30分くらいして外に出て見れば、日の出の方角とは反対の西から北にかけての空がピンクに染まりだしました。日の出に限らず夕日もそうなんでしょうが、この刻々と空の色が変わっていく様子は言葉には出来ないほどの美しいものです。



1312293b.jpg
冬型の気圧配置が続き、冬らしい天気になっていますが、ここ北アルプス南部は素晴らしい朝焼けを見ることができました。
合戦尾根には雪煙が舞い、その舞いあがった雪が太陽に紅く染まり、かっこいい眺めでした。さすがにマイナス20℃以下になってくると普段の寒さとは違い、長く外にいると寒さで頭がおかしくなりそうでした。



1312295b.jpg

1312294b.jpg
ピンクに染まる雪面の色も美しかったのですが、木に着いた霧氷もとても美しかったです。ただ、今日のように風があるとあっという間に霧氷は落ちてしまいます。
そんな中を燕山荘の2回目のツアーの皆さまは下山されていきました。きっとこの美しさに大感動だったのではないでしょうか。




1312296b.jpg
今日は、信州大学の佐々木さんが気象観測機械のメンテナンスに登ってこられました。マイナス20℃の厳しい寒さの中、細かな作業をされていました。相当に辛い作業だったのではないでしょうか。
燕山荘には、信州大学の気象観測装置が設置されています。こちらのデータは信州大学山岳科学総合研究所のホームページから見ることが出来、燕岳の気温などを見ることが出来ますので、登山のご参考にご利用ください。


天気が良かったのは午前中だけで、午後からはまた雪が降り出してきました。


河地
2013年12月29日 | - | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tubame1921

Author:tubame1921
標高2,763m、長野県北アルプス「燕岳」の袂にある山小屋「燕山荘」から、リアルタイムでその日の出来事をお伝えしていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。