北アルプス燕岳の山小屋スタッフがおくる日々の様子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵な冬の一日。

昨日の強風はすっかり止んで、非常に穏やかな朝を迎えました。
上山以来、初めての晴天の一日となりました。連休を利用して多くの方々が登ってこられ、最高の冬山を満喫できたことでしょう。


1312231b.jpg

1312232b.jpg

1312233b.jpg
ここの今朝の気温はマイナス12℃、そしてなんと登山口の中房でもマイナス12℃。同じような気温となりました。
本来なら標高の低い中房の方が気温が低いのですが、晴れて放射冷却がおきた時、このようなことがおきる場合もあります。
6時53分、八ケ岳の左肩から太陽は顔を出し、雪面を紅く染めていきました。西の空には半分ほどになった月がまだ見えていました。この美しい朝焼けを見るとようやく冬の燕岳に来た気になります。これを見ないと冬季営業が始まった気がしません。


1312234b.jpg
今日みたいに冬なのに風が弱く晴れ渡る日はそうそうありません。1回目の燕岳登頂ツアーの方と一緒に下山しましたが、今日のような日があるとまた来たくなっちゃうと大変喜んで下山されていきました。


1312235b.jpg
ほとんどの方が下山されてしまうと山は再び静かになり、トレースだけが残っていました。この静かで素晴らしい天気の下、独りで小屋へと戻る時間は最高に贅沢なものとなりました。まるで山を独り占めしたような気分になりました。


1312236b.jpg
午後になって雲海が広がりだしました。ドピーカンの晴れもいいですが、雲のアクセントがあるとこれもまた美しいものになります。
夕日が16時35分、笠ケ岳の西側へと沈んで行きました。
昨日も夕日はきれいだったのですが、あまりにも風が強く、雪が飛んできて顔が痛く、まともに見ることができませんでした。
今日は寒さだけがまんすれば夕日を楽しむことが出来ました。
河地
2013年12月23日 | - | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tubame1921

Author:tubame1921
標高2,763m、長野県北アルプス「燕岳」の袂にある山小屋「燕山荘」から、リアルタイムでその日の出来事をお伝えしていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。