北アルプス燕岳の山小屋スタッフがおくる日々の様子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪煙。

今日は冬至。一年で最も日の短い日ですね。寒さはこれからどんどん厳しくなっていきますが、少しずつ昼の長さが長くなってくると思うと明るい気分になってきます。そんな今日は、午前中は山頂が見えそうで見えない天気でした。



1312221b.jpg
午後になってくるとようやく雲が取れだしてきましたが西風が強くなり、稜線上や合戦尾根には激しい雪煙が舞い始めました。その中、続々とお客様が登ってこられました。
トレースが出来てきたのか、昨日の方に比べて2時間ほど早い到着になっていました。


1312224b.jpg
午後になって山頂へ出掛けてきました。気温はマイナス15℃、風速は20m以上の厳しい条件でしたが素晴らしい景色を見ることが出来ました。もちろん冬山の完全装備で出掛けてきました。そうでなければあっという間に凍傷になってしまう環境です。


1312223b.jpg
雲が切れて街も見えてきました。写真ではちょっと分かりづらいかもしれませんが、雪が積もって白くなっている所とそうでない所の境目が分かりますでしょうか。松川村や池田町辺りになります。冬型の天気図の時だいだいこの辺りが雪が降る所とそうでない所の境目になります。



1312228b.jpg
天気が回復してくるにつれて稜線上はものずごい風となり、東側には雪煙がたなびいていました。
なぜだか今日は小屋周りが風が強く、テントの方はテントを張るのを諦め、お泊りのお客様は玄関を開けた瞬間、扉を閉めるといった状況でした。



1312226b.jpg
                    山頂から見る穂高岳連峰
穂高岳にもものすごい雪煙があがっていました。あの中にいたら大変なことなんだろうなぁ。


1312229b.jpg
冬至の夕日を見ようと夕食の準備の途中、エプロンで外へ出て見れば、相変わらずの強風で数秒でさえ外にいるのはつらい状況でした。それでもなんとかシャッターを押して帰ってくるとこんな写真が撮れました。

夜になると風はだんだんとおさまってきました。
今日の午後からの風はほんとうに凄いものでした。
しかし、カメラマンの方たちはこの風に耐えながら必死にシャッターを切っておられました。
自然は厳しければ厳しい程美しさを増します。

いやぁ~今日の風はほんとうにすごかった。
でも、とても素晴らしい景色でした。
河地
2013年12月22日 | - | トラックバック(0)件 |
プロフィール

tubame1921

Author:tubame1921
標高2,763m、長野県北アルプス「燕岳」の袂にある山小屋「燕山荘」から、リアルタイムでその日の出来事をお伝えしていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。