北アルプス燕岳の山小屋スタッフがおくる日々の様子

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨空続く。

今日も日中はガスに覆われ、夕方から雨が降り出しました。
朝の早い時間帯は燕岳や穂高連峰と槍ヶ岳、裏銀座の山々が見えるのですが、
だんだんと雲が湧いてきて、あっという間に辺りはガスで真っ白になってしまいます。
DSC8230_1.jpg

以前、小屋の南側に咲くお花の写真を載せましたが、
テント場の近くにある道標の側にも、ミヤマキンバイが咲き始めていました。
DSC08240_1.jpg
ガスで景色が見えない日でも、咲いている花を見つけると嬉しくなりますね。
青々とした緑と、色とりどりの花に囲まれる季節が待ち遠しいです。

池田
スポンサーサイト
2014年06月10日 | - | トラックバック(0)件 |

梅雨空

静かな朝です。
重い空でしたが、雲間から日の出を見ることができ、幻想的な一瞬でした。
DSC08203.jpg

真っ白なガスに覆われた一日でしたが、小屋の周りでは、若葉のやわらかく、
瑞々しい緑がとてもきれいです。雨上がりの美しさはまた特別です。
DSC08213.jpg

この長雨で季節は一気に進みます。
つい先日までは雪で覆われていましたが、夏には花でいっぱいになることでしょう。
DSC08215.jpg

DSC08217.jpg
けな気な花たちに心が癒されます。       上條






2014年06月09日 | - | トラックバック(0)件 |

雨上がりの美しさ。

明け方まで降っていた雨は7時頃にはあがりました。
その後はまた降ったりやんだりになりましたが、梅雨時らしい、水墨画のような美しい
景色を見ることが出来ました。



14685b.jpg
短い時間でしたが、安曇野が見えました。きっと街からもここが見えたことでしょう。

14684b.jpg
昨日お泊りの方々が出発されるころには槍ヶ岳も顔をだしました。梅雨だからと
いってもこうした景色を見られることもあります。


14683b.jpg
雪解けが進み、小屋の前の雪面もぐっと下がりました。


14682b.jpg
木の周りの雪は幹をつたわる雨によって解けていくので、木のまわりだけ、丸く雪が
解けています。ちょっと面白いですね。


14686b.jpg
山頂からのびるスカイラインの2400mあたりのダケカンバはまだこんな状態ですが、
雨上がりのせいか、なんだか美しく見えました。


14681b.jpg
昨日から一部オープンしたサンルームです。窓の外にはまだ雪が残っています。


青空が望めなくても、美しい景色には出会えることがあります。
雨上がりのしっとりとした景色もいいものです。
河地
2014年06月08日 | - | トラックバック(0)件 |

静かな週末。

週末はいつも晴れていたのですが、今日は雨の一日となりました。
そのため訪れる方も少なく静かな週末となりました。



14671b.jpg
小屋の近くのカラマツの新芽が美しくなってきました。
ただ、梅雨に入ってから気温が低くなり、夏が少し遠のいたような感じです。雨に濡れていればなおさら寒く感じることでしょう。このところの気温は日中でも5℃にいかないほどです。山の上はまだまだ寒いですよ。


14672b.jpg
合戦尾根の向こうに一瞬だけ街を見ることが出来ました。

14674b.jpg
                      野口五郎岳

14675b.jpg
この季節は、美しい景色をお届けすることがなかなか難しくなります。
今日も真っ白で何も見えないと思っていたところ、お昼すぎ短い時間でしたがガスが切れ、周りの山々を見ることが出来ました。
うっすらと日も差して、その時だけ気温が上がり、着ているものを一枚脱ぎましたが再びガスに覆われると寒くなり、その一枚を着ることになりました。


14573b_20140607193212635.jpg
また、そのガスが切れた時に下を見て見ると写真では分かりずらいかもしれませんが、夏道の地面が顔を出していました。
現在山荘直下は冬道となっています。夏道が通れるようになるのは、例年でいうと7月の上旬になります。


山荘直下で雪がなくなった所から、玄関までは雪はありません。そこでアイゼンをはずしてもいいかと思います。

今日から喫茶室サンルームがフルメニューではありませんがオープンし、ケーキやビールを楽しまれておりました。
河地
2014年06月07日 | - | トラックバック(0)件 |

雨の合間に。

雨の季節が始まりましたね。ここ山の上では今日は雨が降ったりやんだりの一日でした。
数日前のあの青空が早くも恋しくなってきますが、お昼頃少しだけ雲が切れて周りの山々が見えました。このわずかの間だけだけ見える景色が、なんともきれいに思えることもありますね。



14663b.jpg
山頂も少しだけ顔を出しました。

14662b.jpg
東側はガスに覆われて何も見えませんでしたが、笠が岳方面は見ることが出来ました。
この雨の合間のしっとりとした景色を見ていると、心が穏やかになります。
こんな景色を見られるのが六月の山の良さではないでしょうか。



14664b.jpg
雨で雪解けが進んでいきます。この写真に写っている所は喫茶室のサンルームです。
明日からいよいよ始まります。
まだフルオープンは出来ないのですが、ケーキや生ビールをお楽しみ頂けます。


14661b.jpg
登山道の雪切りに行く回数も増えてきます。

河地
2014年06月06日 | - | トラックバック(0)件 |
プロフィール

Author:tubame1921
標高2,763m、長野県北アルプス「燕岳」の袂にある山小屋「燕山荘」から、リアルタイムでその日の出来事をお伝えしていきます!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。